ウォーターサーバーの使い方と選び方の紹介

最近ウォーターサーバーを見かける機会が企業のオフィスや病院の待合室などで増えています。便利でメリットが多いウォーターサーバーですから自宅に置いて利用しているという人も増えているようです。ウォーターサーバーとはどのようなものなのでしょうか?水のボトルをセットすることにより、コックをひねるだけで新鮮な美味しい水がいつでも飲めるという便利なものがウォーターサーバーです。冷水以外に温水の利用もできますので...

これまではウォーターサーバーは企業向けとして利用されることが多かったのですが、最近になって一般家庭での利用が増加しました。その理由としては東日本大震災による原発事故の放射能の影響などが大きいようです。安全な水を家庭で利用したいという人たちがウォーターサーバーに注目しているのです。また停電になった場合などでもウォーターサーバーであれば直接ボトルから水が出せますので備蓄のための飲み水としても適していま...

最近では企業のオフィスなどから一般の家庭まで様々な場所でウォーターサーバーが人気を集めているのですが、複雑な手順や面倒なお手入れなどは必要なく気軽に簡単に利用できることも人気のポイントとなっているのです。機械が苦手だという人でも大丈夫ですので安心してご利用ください。ウォーターサーバーを自分で設置する場合の方法についてウォーターサーバーの設置に関しては、自分で設置する場合と専門スタッフが設置を行って...

ウォーターサーバーを利用する際にはレンタルによってサーバーを利用することが多いようです。この場合には毎月のサーバーのレンタル料金が必用になりますから1年間のトータルではかなり大きな出費になってしまいます。ただしサーバーの自宅までの配送は無料ですしサーバーを購入することなくレンタルで利用できますから少ない初期費用で利用することができるのです。またウォーターサーバーが不要になった場合でも処分の手間がか...

ウォーターサーバーを利用する際には水そのものの料金とサーバーレンタル料金以外に電気料金が必要になります。最近では電気料金も値上げの傾向がありますので、ウォーターサーバーのような常時電源を入れておくものについては電気消費量なども気になります。ウォーターサーバーを利用するために必要な電気料金についてウォーターサーバーを利用するために必要となる電気料金については、使用する頻度などにもよるのですが通常月1...

ウォーターサーバーで利用する水は賞味期限が決まっていますが、利用する水の種類ごとにその期限は違っています。ウォーターサーバーで利用する水の賞味期限についてウォーターサーバーで利用する水のボトルについては密閉された状態で届きますので、未開封の状態であれば数ヶ月から1年程度は大丈夫です。またウォーターサーバーで利用する水は水道水とは異なり塩素などの薬品による消毒を行っていませんので、開封後については雑...

ウォーターサーバーのデザインは部屋が狭い場合やインテリアにこだわっている場合などにはとても気になります。ウォーターサーバーの設置のためのスペースはわずかで済むのですが、設置すると部屋の中で目立ちますのでサーバーの雰囲気や色などが部屋のインテリアに調和しないという場合もあるかもしれません。それなりのデザインのウォーターサーバーが多いのですが最近では企業のオフィスなどだけでなく一般家庭でもウォーターサ...

もともとウォーターサーバーは企業のオフィスなどでスタッフや来客のために業務用として契約されることが多かったのです。そのため現在でも家庭用とは異なる業務用のウォーターサーバーも存在しています。ただし業務用でも家庭用でもウォーターサーバーの基本的な性能などはほとんど変りません。業務用のサーバーは大型で大量に水を消費するために家庭用よりもコストパフォーマンスの面で優れていることなどが違いとなっています。...

業務用として販売されているウォーターサーバーもあります。一般的に業務用ウォーターサーバーはコストパフォーマンスの面で家庭用ウォーターサーバーよりも優れていることが多いようです。ウォーターサーバーはもともと業務用として販売が開始されましたので当初は店舗やオフィスなどに来客用として設置されることが一般的でした。最近では美味しい水が飲めることや安全性が高いことなどからオフィスなどにウォーターサーバーを福...

一般的には床の上に設置するというのがウォーターサーバーのイメージなのですが、最近では家庭用のウォーターサーバーも普及しましたのでこれによりコンパクトで省スペースな卓上タイプのサーバーが少しずつ増えているのです。卓上タイプのウォーターサーバーのメリットについて省スペースで利用が可能だということが卓上タイプのウォーターサーバーの最大のメリットになります。一般的な床置きタイプのウォーターサーバーの場合に...

水道水とは異なりウォーターサーバーで利用する水は塩素などによる消毒を行っていませんので、開封した後はできる限り早めに使い切ることがおすすめです。そうでないと雑菌が繁殖する可能性もありますので味や臭いだけでなく安全性の面からも問題となります。リターナブル式とワンウエイ式の2種類のウォーターサーバーがありますが、これらについては衛生面からも違いがあるのです。ウォーターサーバーを衛生面から選んでみましょ...

冷水だけでなく温水もウォーターサーバーでは利用することができます。これはウォーターサーバーの中には冷水タンク以外に温水タンクが設置されていて水を温める保温の作業が行われているからなのです。電気ポットや電気ケトルなどのような沸かしたり水を注ぎ足したりする手間は不要でいつでもすぐにお湯の利用ができることはウォーターサーバーの優れたメリットとなっています。今回はウォーターサーバーで利用することができるお...

口コミや体験談などを見てみると、ウォーターサーバーを利用する場合には「水漏れトラブル」が意外と多いようです。寝ている時や長期間外出している場合などに起こってしまうと少量つづの水漏れなどであっても床一面水浸しになってしまいます。平均するとおよそ10リットルの水がウォーターサーバーのボトルには入っていますから、これがすべて漏れ出してしまうと最悪の場合には10リットルの水をこぼしてしまうことになりますか...

ウォーターサーバーの利用で最もコストがかかるのは利用する水そのものの料金についてです。2人でウォーターサーバーを利用する場合にはおよそ25リットル、4人で利用する場合には50リットルの水を1ヵ月あたりで消費するとされています。ウォーターサーバーを導入したいと考えている人の場合には普段からペットボトルの水を利用していることが多いようですが、コストパフォーマンスで比較するとやはりウォーターサーバーが有...

ウォーターサーバーを大きく二つに分けると、新しい方式であるワンウェイ型と従来方式であるリターナブル型に分類されます。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ワンウェイ型とリターナブル型について確認してみましょう。ワンウェイ型のメリットとデメリットについてワンウェイとは一方通行を意味する言葉です。つまり使い終わったボトルの回収は行わず空のボトルは家庭ごみとして処分することになります。ワンウェイ...