利用する水の種類ごとに賞味期限は異なります

 

ウォーターサーバーで利用する水は賞味期限が決まっていますが、利用する水の種類ごとにその期限は違っています。

 

ウォーターサーバーで利用する水の賞味期限について

 

ウォーターサーバーで利用する水のボトルについては密閉された状態で届きますので、未開封の状態であれば数ヶ月から1年程度は大丈夫です。

 

またウォーターサーバーで利用する水は水道水とは異なり塩素などの薬品による消毒を行っていませんので、開封後については雑菌の繁殖がしやすくなる場合などもあります。そのため開封後は2週間程度の賞味期限になることが一般的です。

 

10リットル前後のボトルを利用することがウォーターサーバーでは多いですから、これを2週間で消費すると考えると1日あたり1リットル程度を消費するということになります。一般的な家庭であれば適当な量なのではないでしょうか。

 

水の種類で異なる賞味期限

 

ウォーターサーバーではRO水と天然水の2種類が水が利用されています。水の種類が異なりますので未開封時の賞味期限の長さもそれぞれ異なります。RO膜という特殊フィルターで採水した水をろ過して限りなく純粋な水に近づけたものがRO水です。

 

一方特定の採水地で採取した水のミネラル分などの有効成分はそのままに有害物質や不要物などを取り除いたものが天然水です。99%以上の不純物を取り除いたRO水は雑菌繁殖の可能性も低いために長めの賞味期限が設定されています。

 

賞味期限は半年から1年程度です。一方天然水の場合には賞味期限は3ヶ月から半年ほどとなっています。

 

災害などに対する備えとしてウォーターサーバーのボトルを備蓄したいという人の場合には、賞味期限を考慮して定期的に新しいものを準備することで安心して水の利用ができるでしょう。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする