ウォーターサーバーのお湯は飲むのはもちろん料理などにも活用できます

 

冷水だけでなく温水もウォーターサーバーでは利用することができます。

 

これはウォーターサーバーの中には冷水タンク以外に温水タンクが設置されていて水を温める保温の作業が行われているからなのです。

 

電気ポットや電気ケトルなどのような沸かしたり水を注ぎ足したりする手間は不要でいつでもすぐにお湯の利用ができることはウォーターサーバーの優れたメリットとなっています。今回はウォーターサーバーで利用することができるお湯について見てみましょう。

 

ウォーターサーバーで利用できるお湯について

 

お湯の温度は

 

ウォーターサーバーで利用できるお湯については沸騰はさせていません。サーバーによっても異なるのですが温めているだけですからおよそ80〜90度程度の温度になります。

 

この温度はコーヒーやお茶をいれたり赤ちゃんのためのミルクを作ったりするのには最適なのですが、熱湯を注ぐことで調理するカップ麺やレトルト食品などには不向きかもしれません。

 

調理をして食べることについては問題なく可能なのですが、熱いものが食べたいという人の場合には若干ぬるいと感じてしまうかもしれません。ただしウォーターサーバーには水そのものの味が美味しいという利点がありますので調理などには適しているのです。

 

飲む以外にも利用できます

 

ウォーターサーバーのお湯は料理などにも利用することができます。ウォーターサーバーでは日本人に人気の軟水を利用していますのでお米を美味しく炊くことができますし、出汁の味も引き立ちますので味噌汁など和食にも相性抜群なのです。

 

また鍋にサーバーから直接お湯を入れればお湯を沸かすためのガス料金を節約することもできるでしょう。料理好きの人には是非とも一度お試しいただきたいと思います。

 

小さなお子さんがいる家庭でも安心して利用できます

 

ボタンひとつでお湯が使えることがウォーターサーバーのメリットなのですが、そのメリットが小さなお子さんがいる家庭ではデメリットとなってしまう場合もあるかもしれません。

 

小さなお子さんは何事にも興味津々ですので、ウォーターサーバーにいたずらをしてお湯が出たために火傷をしてしまうということも考えられます。

 

最近のウォーターサーバーではそのような事故を防止するためにチャイルドロックを装備していたり、また後付けでチャイルドロックの装着が可能なサーバーなども多くなっています。

 

小さなお子さんがいる家庭でもチャイルドロックを利用すれば安全にウォーターサーバーを利用することができるのです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする