ワンウェイ方式とリターナブル方式のメリットとデメリットを比較してみましょう

 

ウォーターサーバーを大きく二つに分けると、新しい方式であるワンウェイ型と従来方式であるリターナブル型に分類されます。

 

それぞれにメリットとデメリットがありますので、ワンウェイ型とリターナブル型について確認してみましょう。

 

ワンウェイ型のメリットとデメリットについて

 

ワンウェイとは一方通行を意味する言葉です。つまり使い終わったボトルの回収は行わず空のボトルは家庭ごみとして処分することになります。

 

ワンウェイ型のメリットとしては真空パックのような構造になっているために使用に伴ってボトルが圧縮されますので、中の水が空気に触れず雑菌が浸入するリスクが低いため安全に使用することができるのです。

 

また使い終わったボトルは処分しますので回収のための手間や保管のスペースなども必要ありません。

 

一方でワンウェイ型のデメリットとしては環境面からはリサイクル方式が望ましいことやボトルの処分のための手間がかかること、またボトルが使い捨てのためリターナブルタイプよりも料金が若干割高になることなどがあげられます。

 

その他には雑菌繁殖のリスクが低いためセルフメンテナンスを推奨する会社が多く、サーバー引取りによるメンテナンスなどには対応していない会社が多いようです。

 

リターナブル型のメリットとデメリットについて

 

リターナブルとは回収をして再利用することを意味する言葉です。使い終わって空になったボトルの回収を行い、回収したボトルは洗浄作業を行って再度利用されることになります。

 

リターナブル型のウォーターサーバーでは利用の際に空気の逆流が発生することによる雑菌の進入や繁殖などのリスクがあり、また回収まで空ボトルの保管をしておく必要があることなどのデメリットがあるのです。

 

しかしボトルを再利用しますので環境面からは望ましい方式ですし、リターナブル型を採用している会社では定期的なメンテナンスを行っていることもメリットになります。

 

例えばアクアクララの場合には最初からメンテナンス料金がサーバーのレンタル料金に含まれていますので、1年ごとに(サーバーの種類により3年ごとに)専門のスタッフによるサーバーを引き取ってのメンテナンスを受けることができます。

 

またリターナブル型ではボトルを再利用することから水の料金が割安に設定されていることが多いようです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする