トータルで考えるとウォーターサーバーが経済的です

 

ウォーターサーバーの利用で最もコストがかかるのは利用する水そのものの料金についてです。

 

2人でウォーターサーバーを利用する場合にはおよそ25リットル、4人で利用する場合には50リットルの水を1ヵ月あたりで消費するとされています。

 

ウォーターサーバーを導入したいと考えている人の場合には普段からペットボトルの水を利用していることが多いようですが、コストパフォーマンスで比較するとやはりウォーターサーバーが有利となります。

 

ウォーターサーバーとペットボトルでコストパフォーマンスを比較してみましょう

 

ペットボトルの水は通常500ml入りで平均100円程度で売られています。一方ウォーターサーバーの場合には500mlあたりで比較するとアルピナウォーターでは47円、クリクラでは56円とほぼ半額になっています。

 

また天然水のウォーターサーバーを利用する場合でもアクアセレクトでは500mlあたり64円、うるのんでは75円となっています。コンビニなどで水やジュースなどを購入するのに比べれば割安ですが、2リットルのペットボトルで大手メーカーが販売しているミネラルウォーターなどと比べると割高に感じるかもしれません。

 

しかし都心で暮らしていて車を持っていないという人の場合には安いからと大量に購入をしても持って帰ることができないですし、マンションやアパートなどの限られたスペースで暮らしていれば保管場所にも困ることになります。

 

また空ペットボトルを処分するための手間なども必要ですから、自宅まで必要な分だけを無料で届けてくれて空ボトルの処分の手間もかからないウォーターサーバーを利用したほうが、トータルではコストを抑えることができるのではないでしょうか。

 

水の保管方法には注意が必要

 

車を持っていて安売りの時などにまとめて購入することができるという人の場合でも、車の燃料費や買いだめした水の保管方法などが問題となります。最近ではガソリンの料金が高騰していますので、購入のための車の燃料代も馬鹿にできないコストとなっています。

 

また水については生ものと同じようなものですから、未開封の状態であっても寒暖の差が激しい場所や直射日光が当たる場所に置いておくと劣化して味が悪くなってしまいますし、また氷点下になって水が凍ってしまうような場所に置いておくとペットボトルに亀裂が入ってしまうかもしれません。

 

このような様々なリスクを考えると自宅まで必要な分だけ届けてくれるウォーターサーバーを利用するのが手間や置き場所がかからないというメリットも含めるとトータルでは経済的だといえるでしょう。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする