赤ちゃん・子どもにも優しいウォーターサーバーの扱い方

東日本大震災での原発事故により水の安全性が大きな問題となっています。赤ちゃんにあげるミルクを作るための水の確保に苦労したというお母さんなども多いようです。このことは最近になって一般家庭にウォーターサーバーが普及することになった大きな理由のひとつにもなっています。赤ちゃんの場合には体が小さいことで大人よりも有害物質の影響を受けやすくなっています。また抵抗力も小さいためウイルスなどに感染してしまう可能...

最近ではウォーターサーバーを赤ちゃんが生まれたことをきっかけとして導入する一般家庭が増えています。電気ポットなどでお湯を沸かさなくてもウォーターサーバーならばお湯をすぐに使うことができますので、ミルクを作るために便利だというメリットについてはわかります。しかしそれだけならば電気ケトルなどを使えば少量のお湯をすぐに沸かすことができますし、またコストパフォーマンスを考えると市販の水を購入したほうが安い...

福島第一原発の事故の際には関東地区でも放射能が水道水から検出されたため、都内では水の買占めなどの騒動が起きました。また赤ちゃんがいる家庭に対する優先的な水の供給なども行われまし安全な水を確保するために苦労したという人も多かったのではないでしょうか。地域によっては停電が長期間続いたためミルクを作るためのポットのお湯を沸かすことができずに苦労したという話も耳にすることが多いです。また直接震災の被害には...

RO水と天然水の2種類の水がウォーターサーバーでは使われています。特殊なフィルターであるRO膜を利用することで不純物を取り除いたものがRO水です。RO膜は放射性物質の除去も可能です。RO膜によって不純物の99%以上を取り除いた純粋に限りなく近い水がRO水なのです。また富士山麓やアルプスなどの地下で採取された水から一般的なフィルターによって雑菌を取り除いたものが天然水です。最近では海外で採取された硬...