ウォーターサーバーの様々なメリットはミルク作りにも適しています

最近ではウォーターサーバーを赤ちゃんが生まれたことをきっかけとして導入する一般家庭が増えています。

 

電気ポットなどでお湯を沸かさなくてもウォーターサーバーならばお湯をすぐに使うことができますので、ミルクを作るために便利だというメリットについてはわかります。

 

しかしそれだけならば電気ケトルなどを使えば少量のお湯をすぐに沸かすことができますし、またコストパフォーマンスを考えると市販の水を購入したほうが安い場合もあるでしょう。

 

そのようなことを考えてウォーターサーバーの導入には消極的だという人も多いようです。そこで今回はお湯がすぐに使えること以外のウォーターサーバーが赤ちゃんに向いている理由を紹介したいと思います。

 

赤ちゃんのミルク作りのためのウォーターサーバーのメリットについて

 

安全性が高い水を利用することができます

 

雨と生活排水を集めて殺菌消毒を塩素で行ったものが水道水です。殺菌や防腐の効果が塩素にはありますし体に悪いとは言えないのですが、大人よりも体が小さく有害物質の影響が心配な赤ちゃんにはやはり適していません。

 

最近では放射性物質の影響も心配なのですが、放射性物質の検査を行った水をフィルターを使うことでろ過して不純物や雑菌と取り除いているウォーターサーバーの水ならば赤ちゃんにも優しく安心して利用することができるのです。

 

また市販されているペットボトル入りの水などを赤ちゃんのミルクのために購入した場合には、塩素が入っていませんので開封後は冷蔵庫などで保管した場合でも雑菌などが少しずつ繁殖することになってしまいます。

 

その点ウォーターサーバーであればタンクの水が空気に触れないように工夫されたサーバーや無菌状態を保てるようなフィルターがついたサーバーなどがありますので、雑菌の繁殖を気にせずに安心して利用することができるのです。

 

温水以外に冷水も利用できます

 

 

5度前後の冷水と80度から90度の温水をウォーターサーバーでは利用することができます。

 

ですから流水などを使ってわざわざ冷やさなくてもサーバーから出る冷水を入れるだけで温水で作ったミルクを簡単に人肌の温度にすることができるのです。

 

夜中に疲れている時や忙しくて時間が足りない時でもウォーターサーバーを利用するだけで簡単にミルクを作ることができますので、とても便利だと高い人気を集めているのです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする