硬水やバナジウム天然水などは赤ちゃんの敏感なお腹には適していません

RO水と天然水の2種類の水がウォーターサーバーでは使われています。特殊なフィルターであるRO膜を利用することで不純物を取り除いたものがRO水です。

 

RO膜は放射性物質の除去も可能です。RO膜によって不純物の99%以上を取り除いた純粋に限りなく近い水がRO水なのです。また富士山麓やアルプスなどの地下で採取された水から一般的なフィルターによって雑菌を取り除いたものが天然水です。

 

最近では海外で採取された硬水やバナジウム天然水などが健康に良いと人気なのですが、赤ちゃんのミルクなどには安全で優しいとされるRO水をおすすめします。

 

RO水は安全性が高いため赤ちゃんでも安心です

 

雨水や生活排水を塩素で殺菌して使用しているのが水道水です。水道水に含まれるカルキについては煮沸することで取り除くことができますが、それでも薬品を完全に除去できるというわけではないのです。

 

また原発事故の影響なども考えられますので、水道水よりも安全なRO水を利用することをおすすめします。RO水には塩素などの薬品は含まれていませんし、不純物をRO膜というフィルターによってろ過しているため安全性が高いのです。

 

RO膜は放射性物質をろ過することもできますので、薬品の影響や放射性物質の心配のないRO水は赤ちゃんや小さなお子さんにも安心なのです。

 

赤ちゃんのデリケートなお腹にも安心です

 

赤ちゃんの場合には体が未発達ですので、大人と比べると内蔵などもデリケートになっています。そのためミネラル成分の多い硬水などには対応することができず、飲んだ場合にはお腹を壊してしまう可能性が高いのです。

 

硬水については大人でも飲むことでお腹が緩くなる場合がありますし、この作用を利用して便秘対策として活用している人などもいるようです。

 

天然水については日本で採取されたものについてはいずれも軟水ですので赤ちゃんのお腹にも優しく安心なのですが、アルカリイオン水やバナジウム天然水やマグネシウム成分が多いものなどは避けたほうが良いかもしれません。

 

またミルク作りに使用する場合にはミネラル成分が多すぎるとミルクを作った際の栄養バランスに影響する場合もありますので、天然水については選ぶ際に硬度などをしっかりと確認することをおすすめします。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする