自分のライフスタイルに合わせてウォーターサーバー会社を選びましょう

 

 

毎日利用するものがウォーターサーバーですから、選ぶ際には水の料金やサーバーレンタル料金や電気料金などのコストをしっかりと比較することが大切になります。

 

ウォーターサーバーを導入する際のコストとしてはやはり水の料金が最も大きくなります。

 

そのため水の料金を中心にしてどの会社のウォーターサーバーを導入するかを検討しているという人が多いようなのですが、ウォーターサーバー会社によっては水の購入ノルマが設定されている場合もありますので注意しましょう。

 

購入ノルマについては数でなく量で考えてみましょう

 

ウォーターサーバーで使われているボトルについてはメーカーごとに違いがありますし、水の容量についても違っています。

 

例えばコスモウォーターで使われているボトルは1本12リットル入りですが、フレシャスの卓上タイプで使われているボトルは1本4.5リットル入りになっています。

 

この時コスモウォーターでは毎月2本が購入ノルマで、フレシャスノ卓上タイプは6本が購入ノルマになります。数で考えるとかなりの違いがあるのですが、量で考えるとコスモウォーターは24リットルでフレシャスは27リットルですのでそれほどの違いではありません。

 

また購入ノルマが設定されていないアクアクララやアルピナウォーターなどのウォーターサーバー会社もあります。

 

購入ノルマ分を一人暮らしで飲み切ることはできるのでしょうか

 

一般的には人が1日に必要な水分は2リットル程度だとされています。食べ物などから摂取する水分を除いて考えると1日に1リットル程度の水を飲むことになりますので、1ヶ月では30リットルということになります。

 

そこから考えれば上で紹介したコスモウォーターの24リットルやフレシャスの27リットルなどの購入ノルマ分は一人暮らしにちょうど良い量ということになるでしょう。

 

ただし出張が多かったり外食が多かったりするという人の場合にはそれほどの量は必要ないかもしれませんので、アクアクララやアルピナウォーターなどの購入ノルマのないウォーターサーバー会社を選んだほうが良いかもしれません。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする