一人暮らしでウォーターサーバーを利用するメリット

 

 

贅沢品というイメージがウォーターサーバーにはあるようです。また維持費がかかるため1人暮らしでは導入が難しいと考えている人も多いようです。しかし実際にウォーターサーバーを導入した場合に必要となる費用は水の料金とサーバーの料金と電気料金だけなのです。

 

入会金などの余計な出費は必要ありませんから所期費用ゼロから始めることができますし、月々の維持費についても思ったほど高額ではないのです。

 

コンビニでペットボトルの水を購入したりする場合と同じぐらいの料金で利用できますし時間や手間の節約にもなります。1人暮らしの人がウォーターサーバーを利用するメリットについて費用の面から確認してみましょう。

 

1人暮らしの人のウォーターサーバー利用はトータルで考えるとお得です

 

ウォーターサーバーの利用に必要な費用について

 

ウォーターサーバーを利用する場合サーバー本体はレンタルで利用する場合が多いのですが、その時のレンタル費用については無料の場合もありますし、高くても1ヵ月1500円程度でしょう。

 

電気料金については月額350〜1000円程度が必要ですので、これらを合わせてサーバー維持費として月平均2000円程度がかかると考えれば良いでしょう。

 

電気ポットの場合には一般的な2リットルタイプのものを1日に2回沸騰させて常時保温で利用すると電気料金が月額900円程度必要になります。

 

電気ケトルなど小型のものを利用すれば電気料金は少なくて済みますが、その分沸かす回数が増えればそれだけ電気料金も増えるということになります。ウォーターサーバーを利用しても電気ポットや電気ケトルを利用しても電気料金はあまり変らないのです。

 

ウォーターサーバーを利用する場合に最もコストがかかるのは水そのものの料金ということになります。ウォーターサーバーで利用する水は500mlあたり50円から100円程度ですから、コンビニなどでペットボトル入りの水を買うのと同じぐらいの料金で利用することができるのです。

 

また大手メーカーなどが販売している2リットル入りのペットボトルの水などは更に安く購入することもできるのですが、ウォーターサーバーを利用すれば自宅まで配達してもらうことができますので購入するための時間や手間などを考慮してトータルで考えればそれほどの違いではないでしょう。

 

具体的に必要となる費用は

 

人は1日あたり1.5〜2リットルの水分が必要だとされています。これは水を飲む以外に味噌汁や野菜類などから摂取する水分も含めた量です。水やお茶やコーヒーなどで消費する量で考えると1日あたり1リットル程度の水をウォーターサーバーで利用することになります。

 

ウォーターサーバーを導入して実際に利用している人の口コミなどでも1ヵ月あたり20〜30リットルほど利用しているという人が多いようです。水の単価はサーバー会社ごとに異なりますが20〜30リットルであれば3000〜5000円程度なのが一般的です。

 

1ヵ月あたりのトータルで考えるとサーバーレンタル料金500円+電気料金1000円+水料金4000円=合計5500円ほどでウォーターサーバーを利用することができることになります。

 

5000円以上になると利用を躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、電気ポットでお湯を沸かすために必要な時間や外に飲み物を買いに行く時間や手間を考えれば妥当な料金なのではないでしょうか。

 

忙しい朝などでもウォーターサーバーならばすぐにお湯が使えますし、コーヒーやお茶などを自宅でポットに入れて会社などに持っていけばそれだけお金の節約にもなります。

 

ウォーターサーバーを利用することによって得られる安全性や利便性も考慮すれば、ウォーターサーバーを導入することはトータルで考えるとお得なのではないでしょうか。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする