赤ちゃんがいる家庭にはro水がおすすめです

 

赤ちゃんがいる家庭の場合には、赤ちゃんが実際に口に入れるものについてかなり神経を使っていることが多いでしょう。

 

赤ちゃんはまだ身体が十分に発達していませんし、ウィルスなどの雑菌に感染すると大人と比較して深刻な症状になってしまう可能性が高いからです。

 

赤ちゃんがいる家庭の中には粉ミルクを母乳以外に使っている場合が多いと思いますが、その場合粉ミルクを作るための水を選ぶのにも安全性にこだわる必要があるといえます。

 

このような場合にはro水がおすすめです。現在ウォーターサーバーを扱う業者ではro水を供給するところが多くなっています。

 

RO膜というフィルターを通してろ過することで不純物を取り除いた水がro水です。このRO膜には微細な穴が開いていて、ほぼ全てのウィルスや不純物などをろ過することができるのでro水は不純物を含まないほぼ純度100%の水になっているのです。

 

身体に害を与えるような余分な物質は一切含みませんから抵抗力が大人よりも弱い赤ちゃんに与えても安心なのです。

 

ミネラルの高い硬水を赤ちゃんに与えるのは危険?

 

一般の水には不純物だけでなくミネラルなどの栄養成分も含まれていますし、このミネラルが甘みなどのいわゆる水の美味しさを演出する一因となっているのです。

 

しかし粉ミルクを作って赤ちゃんに飲ませるためには、ミネラル分が多いと粉ミルクの成分を壊してしまう場合があるのです。またミネラル分の割合が高いいわゆる硬水と呼ばれるような水を赤ちゃんに与えると下痢を起こす原因となる場合もあります。

 

赤ちゃんは未発達で胃腸の働きが弱いためにミネラル分が多すぎると消化不良で下痢を起こしてしまうのです。ですから不純物もミネラルも含まないro水で粉ミルクを作るのが赤ちゃんには最適になるのです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする