ro水と天然水の違いについて

 

ウォーターサーバーを扱う業者が提供している水には天然水とro水の二種類があるようなのですが、これらについてはどのような違いが具体的にはあるのでしょうか。

 

両者については実際にご家庭にお届けする前にどのような加工を採取した水に行うのかによる違いがあるようです。

 

まずRO膜というフィルターを通してろ過しているのがro水です。これは逆浸透膜とも呼ばれているのですが、RO膜には超微細な穴が開いているためにこれを通すことで不純物をろ過することができるのです。

 

これはもともと医療技術として血液の浄化や人工透析などに使われていた技術を応用したものになります。

 

一方で天然水は特定水源から採取した水のことで、沈殿や加熱などによって有毒物質の除去をしていますが自然にあるのと同じものであり、一切の物理的・化学的処理は行っていないというものになります。

 

ro水と天然水のどちらが良いのかについては人それぞれですので単純に判断することはできません。

 

ro水と天然水、美味しいのはどちら

 

一切の不純物を排除した安全性の高さがro水の魅力です。ただし細菌やウィルスだけでなくミネラルなども含まない純度100%の水ですから、湯冷ましの水のように味も全くしません。

 

ですのでro水が美味しい水なのかというと判断が難しいです。一方で天然水は水の中に自然由来のミネラル分を豊富に含みますので、飲んだ際には天然水に特有の甘みを感じるいわゆる美味しい水といえるでしょう。

 

ただし最近ではro水を扱う業者の中にRO膜でろ過した水にミネラル成分を人工的に加えて販売しているところもあり、このようなro水ではミネラルによる甘さや美味しさを感じることができるはずです。

 

提供している水にどのような処理を行っているのかについても、ウォーターサーバーの業者選びの際には確認するようにしてください。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする