ro水を作るための仕組みについて

 

ウォーターサーバーなどが提供する水にはro水と呼ばれるものがあります。

 

このro水はro水製造装置とも呼ばれるRO膜という特殊なフィルターでろ過して水分子だけを通したものになります。

 

水の中には不純物やウイルスなどが含まれているのですが、RO膜を通すことでこれら不純物を全て除去することが可能となり、その結果ro水というより安全性の高い水を飲むことが可能になるのです。

 

RO膜のシステムで純度の高い安全なro水を作り上げる

 

RO膜のシステムは私たち生物の体内で普段行われている浸透圧現象を応用したものです。真水と食塩水の関係で説明されるのが浸透圧現象です。一方に真水を入れてもう一方に食塩水を入れた場合に真水が食塩水の側に移動するのが一般的にいわれている浸透圧の現象になります。

 

ですがRO膜の場合には逆の浸透圧減少を人工的に起こすのです。つまり一般とは逆に食塩水のほうを真水の側に移動させるというわけで、自然ではこのようなことは起こらないのですが人工的に圧を加えることで逆の現象を実現しているのです。

 

さらにこの時に水分子のみを通過させるフィルターであるRO膜を間に入れることで、不純物を取り除いた純度100%の水をつくることができるのです。

 

フィルターであるRO膜に開いた穴は電子顕微鏡でも確認できないような0.0005ミクロンという大きさだといわれています。

 

一般的にはバクテリアが0.2から1ミクロン、ウイルスは0.2から0.4ミクロンといわれていますから、RO膜ではバクテリアもウイルスも通さずにろ過することができるのです。

 

このようなハイテクな技術によってro水は作られていますから極めて安全性の高い水になっているのです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする