放射能対策もro水ならば安心です

 

福島第一原発での事故が2011年に発生した東日本大震災で起こりました。

 

この事故以来一般のレベルでも放射能汚染に関する関心が高まっています。特に小さなお子さんを育てている場合などでは、食べ物や飲み物についてより安全性が高いものを選ぶ必要を感じている場合が多いのではないでしょうか。

 

そんな方々に好評なのが、綺麗な水を自宅で飲むことができると注目されているのがウォーターサーバーです。

 

RO膜で放射能物質を除外できる?

 

ro水と呼ばれる水を供給する業者がウォーターサーバーを扱う業者の中で増えています。RO膜という超微細な穴のフィルターを通してろ過した水がro水です。

 

RO膜を通すことで水に含まれている不純物を取り除いて純度100%の水をつくることができるといわれているのですが、それではRO膜ではいわゆる放射性物質を取り除くこともできるのでしょうか。

 

RO膜には不純物をろ過するための微細な穴が開いているのですが、この穴の大きさは分子量でいえば50前後とされています。

 

原発事故以来よく知られるようになった放射性物質としては放射性セシウムや放射性ヨウ素などがありますが、これらについて分子量を確認すると放射性セシウムの分子量は137、放射性ヨウ素の分子量は131ですからRO膜を通過することはできません。

 

ですからもしも元の水に放射性物質が混じっていた場合であってもRO膜でろ過を行う際にこれらの放射性物質は取り除かれることになりますから、皆様に飲んでいただく際には安全な水になっているというわけです。

 

安全な水を飲みたいならro水のウォーターサーバー

 

放射能汚染が気になる場合や安全な水を家族に飲ませたいという場合などには、ro水を供給するウォーターサーバーの業者を利用することをおすすめします。

 

さらにウォーターサーバーの業者では放射能検査の結果を自身のホームページで公開しているところもありますから、これらを利用するようにすればさらに安心です。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする