ダイエットのためには水をこまめに飲むことが効果的です

 

水を飲むと体重が増えたりむくんだりするというイメージを持っている人が多いようです。

 

ですが実際には水を飲まないとかえって痩せにくくなってしまいます。ダイエットの成功のためには水をこまめに飲むことが水を控えるよりも効果的なのです。

 

今回はダイエットと水を飲むことの関係について解説したいと思います。

 

水とむくみとの関係について

 

水を飲むとむくむなどとも言われるのですが、これは大量の水を飲みすぎて腎臓の処理が追いつかない場合のことになります。人間が1日に必要とする水の量は1.5リットルから2リットル程度とされています。

 

ですから多少多くの水を飲んでも影響はありませんし、むくみが出る場合には腎臓の機能そのものが低下していたり代謝機能が疲労によって低下していたりすることが理由として考えられます。

 

老廃物が溜まってしまうことがむくみの原因ですから、むくみの改善のためには老廃物の排出をスムースにするために水を飲んだほうが効果的なのです。

 

水と便秘の関係について

 

水分が足りずに便が硬くなって押し出せなくなることが便秘の原因のひとつです。

 

特に便が硬くて小さい場合には水分の不足が考えられますので、便秘解消のために積極的に水分を摂取することを心がけてください。

 

水と基礎代謝の関係について

 

人体のおよそ60%は水からできています。そのため水分の不足が発生すると基礎代謝をダウンさせることで生命維持を優先させるのです。生きるために必要な心臓や肺などを動かす活動が基礎代謝です。

 

成人女性の場合だと1日に基礎代謝のためにカロリーを1200kcal消費します。ですからリバウンドしないダイエットのためには基礎代謝をダウンさせないことが重要になります。水分不足を防ぐことが痩せやすい体つくりのためには欠かせないのです。

 

水の飲み方について

 

ダイエットの強い味方になってくれるのが水なのですが、その飲み方については注意する必要があります。

 

人間には1日2リットルの水分が必要だとされていますが、実際には味噌汁や野菜などにも水分が多く含まれていますので1日に2リットルの水を飲むと量が多すぎるかもしれません。

 

ですから水を飲む量については汗をかいた日には多めにしたり、食事でスープ類などを摂取した日には少なめにしたりなど、体調を考えながら臨機応変に調整することが必要になります。

 

また大量の水を一度に飲んでもすぐに尿として排出されてしまいますので、水はゆっくりとこまめに飲むことを心がけてください。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする