軟水と硬水とではミネラル含有量や味などの違いがあります

 

 

硬度という基準が水にはあります。これはカルシウムやマグネシウムが水1リットル(1000ミリリットル)の中にどれだけ含まれているのかによって決まるのです。

 

採水地に関わらず日本の水についてはいずれも軟水となっています。軟水はまろやかな口当たりでさっぱりとした後味であることも共通しています。今回は軟水と硬水の違いやそれぞれの持つメリットやデメリットについて確認してみましょう。

 

水の硬度とは

 

水は硬度により分類することができます。硬度0から100は軟水、硬度100から300は中硬水、硬度300以上は硬水とされます。また硬度50以下のものを超軟水と呼ぶこともあります。

 

一般に市販されている水については「ヴィッテル」は硬水、「エビアン」は中硬水、「ボルビック」は軟水、「南アルプスの天然水」は超軟水に該当します。ウォーターサーバーで利用されている水のほとんどは日本国内で採水される軟水です。

 

またRO水については不純物の99%以上を除去していますので硬度が0に近い超軟水となります。

 

軟水の持つメリットとデメリットについて

 

軟水は日本人にとってはなじみ深いものです。くせがなくまろやかな味ですから好き嫌いなく誰でも美味しく飲むことができるでしょう。

 

また和食など繊細な味わいが求められる料理にも調和しますので美味しい仕上がりが期待できます。

 

軟水には特別なデメリットなどはありませんが、硬水が好きだという人にとっては物足りなく感じる場合もあるようです。

 

硬水の持つメリットとデメリットについて

 

硬水は海外で採取される水に多く、ミネラルの含有量が多いため独特の味がすることが特徴となっています。

 

ミネラル成分が豊富に含まれることから健康に良いと考える人が多いですし、デトックス用やダイエット用としても人気を集めています。ただし硬水については味が独特でくせが強いため苦手に感じる人も多いようです。

 

料理に使うと水の味が強すぎて料理の味付けの邪魔になる場合もあります。またお腹が緩くなる作用を及ぼす場合もありますので、赤ちゃんのミルク作りなどには適さないでしょう。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする