RO水のろ過に使われるRO膜は放射性物質を除去することができます

 

水道水から福島第一原発の事故の影響で放射能が検出されたことが大きな問題となりました。事故の後処理はまだ終わっていません。余震などによる事故の不安も残っています。

 

特に赤ちゃんや小さなお子さんの場合は放射能の影響が出やすいとされていますので、水道水を飲ませることに強い不安を感じているお母さんも多いでしょう。放射能の影響は大人にとっても恐ろしいものです。

 

最近では放射能対策としてウォーターサーバーを導入する一般家庭が増えています。

 

ウォーターサーバーならば安全性の高い水が利用できます

 

RO膜は放射性物質の除去が可能です

 

ウォーターサーバーで利用されている水のひとつであるRO水は不純物や雑菌などをRO膜という特殊フィルターでろ過することによりほぼ完全に取り除いたものなのです。

 

ろ過性能はメーカーごとに異なりますが、RO膜は放射性物質の除去が可能であることが実験により確認されています。放射性物質に対する不安のない安全な水を利用したいという人にはRO水を利用するウォーターサーバーをおすすめします。

 

地下からくみ上げた天然水を利用しています

 

ウォーターサーバーで利用されている水にはRO水以外に天然水があります。地下水をくみ上げてフィルターで雑菌などをろ過して天然ミネラルの成分はそのままに仕上げたのが天然水です。

 

富士山麓や南アルプスなどの地下水を利用していますので原発事故の影響が気になるかもしれませんが、地下水は地下深くからくみ上げられていますし、放射性物質が地下まで浸透するためには何十年、何百年という長い年月がかかるとされています。

 

ですから2011年の原発事故の影響を心配せずに飲むことができるのです。

ウォーターサーバー総合人気ランキングベスト3

 

フレシャス
フレシャス

 

コスモウォーター

 

クリティア

 

>>おすすめBEST10位をチェックする